釣りの基礎知識

永久保存版!ラインの号数、太さ、強度(kg)の基本と換算方法

スポンサーリンク

はじめに

釣り糸(以下、ライン)については、色々な種類(ナイロン、フロロ、PEなど)があることに加え、太さの表記も複数の表し方があります。

「号数とかポンドとかよくわからない」といった初心者の方や、「同じ表記の数値でも、なぜ値段と強さが違うんだろう?」と疑問に思われている方も、この記事を読めば、その疑問が解消されること間違いなしです。

本記事では、ラインの太さや強度について、定義に基づき解説いたします。

また、太さと強度についての換算表についても記載いたします。

ナイロンライン/フロロラインの号数とポンド数(lb)の関係

「細かい説明は抜きに、手っ取り早くラインの号数とポンド数(lb)を換算したい。」という場合は、以下の考え方で換算が可能です。

ラインの号数×4=ポンド数(lb)

例えば、2.5号は、2.5号×4≒10ポンド≒4.5kgの強度(1ポンド≒450g)となります。

※あくまでも概算です。正確には下記の一覧表、より正確には購入予定のラインのパッケージでご確認ください。

ラインに関する単位の定義

最初に理解しておくことは以下の二点です。

ポイント

・号数=ラインの太さに関する定義

・ポンド(lb)=ラインの強さ(強度)に関する定義

相関関係があるため、ごちゃごちゃにしがちですが、表している内容が全く異なります。

以下では、ポンド数と号数について順に解説していきます。

まずは、号数からでは?と思った方もいるかもしれませんが、この順番が最も分かり易いため、敢えてポンドからの説明としております。

ポンド(lb)の定義(強度の定義)

ポンド(lb)は重さの定義です。lbsはポンドの複数形です。釣り具ではどちらも同じ意味で使われています。

※ポンドはオランダ語で、ヤード/ポンド法などにおける質量の単位。

1ポンド=453.59237g(約450g)

 

ですので、10ポンドラインは450g×10≒4.5kgの強度。ということになります。

したがって、10ポンドラインは、4.5kgの負荷にまで「耐えられる」ということですが、この「耐えられる」の定義が各メーカーが採用している規格ごとに異なります。

これが、「同じ表記なのに、体感としてラインごとに強さが違う。」となってしまう原因です。

以下で詳しく解説していきます。

同じポンド表記なのに、実際の強度に差が出るのはなぜか?

同じポンド表記でも、実際の強度に差があります。

それは、採用している規格によって、耐えられる負荷の上限値表記か、下限値表記かの違いがあるからです。

以下で、規格ごとに違いをより詳しく説明します。

ここからは、説明簡略化のため、10ポンド=4.5kgを例に説明します。

国産ラインで主流の規格

ポンドクラスライン 表記例:lbC/PCL/CLASS(lb)

日本メーカーが多く採用しているポンドクラスランは、耐えられる負荷の上限値を表しています。つまり、

10lbCのラインは、4.5kg以上の負荷がかかった場合は、絶対に切れます。

そのため、4.5kg以下でも切れる可能性があるということです。

実際にどれくらいで切れるかは、各メーカーの製品ごとでも異なります。

したがって、ポンドクラスラインのラインを使用した際に、規格の定義を理解していないと、「あれ、思ったより切れやすいぞ。」となってしまうということです。

海外ラインで主流の規格

ポンドテストライン lbT /PTL/TEST(lb)

海外メーカーや日本の一部メーカーが採用しているポンドテストラインは、耐えられる負荷の下限値を表しています。つまり、

10lbTのラインは、4.5kg以下の負荷であれば、絶対に切れません。

(実際には、5k、6kの負荷でも切れない可能性があります。)

したがって、耐えられる下限値を表しているので、ラインの強度を確認する際には、こちらの基準のほうが当然、安心感があります。

この上限値なのか、下限値なのかというのが、一見、同じ表記に見えても、実際の強度が全く違う理由です。

号数の定義(ラインの太さの定義)

号数は、ラインの太さに関する定義です。

号数≠ポンド

号数≠強度

※ただし、相関関係はありますので、一覧表(概算)の作成が可能です。

ラインに関する単位については、一般社団法人社団法人日本釣り用品工業会が、定める定義に基づいています。

なお、この規格を順守している企業一覧も掲載されています。

最も使用頻度が高いと思われる3号のラインの例を以下に示します。

上記図のように、一般社団法人社団法人日本釣り用品工業会が定める定義では、3号のラインでも太さに幅があります。

規格では、「上限・下限の直径が、前後の号柄の標準直径を追い越さないもの」とされているためです。

また、例は3号のラインですが、太くなるにつれて、この定義上での太さの幅は大きくなります。

3号のラインにおいて、最も細い場合は、標準値よりー5%細くなり、最も太い場合は、標準値より、+11%太くなります。

 

加えて、強度については、「強度等に関しては、各企業の裁量に委ねる。」とされており、号数(太さ)≠強度でないこともわかります。

これは、ラインの種類(ナイロン、フロロ、PEといった素材の違い)によっても、強度が大きく異なるためです。

(ただし、ラインの種類ごとに太さと強度に相関がありますので、概算の一覧表作成は可能です。)

ナイロン/フロロの号数/ポンド(lb)/強度の換算表

PEラインに関する定義

PEラインについても、一般社団法人社団法人日本釣り用品工業会が定義を定めています。

PEラインの太さの規格は、デニールとなっています。

デニール(d)とは、重さの単位で、「長さ9,000m あたりの糸の質量をグラム単位をもって表したもの」となっています。

つまり、9000mの糸の重さが、20gだった場合、20dとなります。

このデニールという単位が、PEラインの定義となっているため、9000mあたりのラインでどれくらいの重さか?ということで判断されるため、当然ながら100m~300m単位で売られるラインには太さにムラがでてしまいます。

均一の太さにするためには、高度な技術が必要なため、これがラインの価格にも反映されます。

PEラインの号数/ポンド(lb)/強度の換算表

12号以上は各ラインによって大きく数値がわかるため、強度は未記入としています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

釣好き彼氏&旦那にオススメのプレゼントの釣具 1

目次1 釣り好きな男性におすすめのプレゼントの選び方2 予算:1,000円~3,000円2.1 虫よけ おにやんま君2.2 マスク(魚柄)2.3 ボールペン関連(魚モチーフ)2.4 玄関マット2.5 ...

アカハタのヒレ酒 2

目次1 はじめに2 ひれ酒用のひれの作り方3 ひれ酒の作り方4 ひれ酒にオススメの魚4.1 お試しの最初の一匹に最適 真鯛4.2 赤い色が鮮やか カサゴ4.3 意外にひれもおいしい!? カワハギ4.4 ...

ふるさと納税の朝どれ魚詰め合わせの中身 3

目次1 ふるさと納税 石川県能登町の朝どれ鮮魚詰合せの価格と還元率1.1 発送タイミング2 詰め合わせ鮮魚 2021年3月分の中身紹介2.1 2021年3月分:実売想定価格と還元率3 詰め合わせ鮮魚  ...

-釣りの基礎知識